独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.12.27プレスリリース

端末接続側コネクタ部分に発熱感知センサー搭載し、まさかの事故を未然に防ぐ「発熱感知センサー搭載ケーブルシリーズ」を新発売

 

SCX-SF

ナカバヤシグループでパソコンケーブル、マルチメディアアクセサリメーカーの株式会社ミヨシ(本社:東京都台東区 社長:松南 修)は、「発熱感知センサー搭載 USB Type-Cケーブル SCC-SF」「発熱感知センサー搭載 micro USBケーブル SCB-SF」の2種を12月下旬より順次販売します。

発熱を感知すると自動で給電停止・規定値に戻れば給電再開

端末接続側コネクタ部分に発熱感知センサーを搭載し、安全に配慮したUSBケーブルです。規定値を超えた温度を感知すると自動で給電が止まります。一度給電が止まっても温度が規定値以下に戻ると給電が再開されます。近年、コネクタ部の変形や、液体・異物の付着などが原因で起こ るトラッキング現象やショート等による事故が発生しています。本製品は、端末接続側のコネクタにセンサーを設けることで、スマートフォンなどの損傷ややけど、火災などを未然に防ぎ、安心してご使用いただけます。

充電・通信両対応なので、これ一本でUSB充電器での充電や、パソコンとのデータ通信、充電に使えます。USB Type-Cとmicro USBの2タイプのケーブルをご用意。長さも0.5m、1m、1.5m、2mと4種類ございますので、使いたい機器や用途に合わせて選んでいただけます。

製品特長

■ 発熱感知センサー搭載で安心
■ 充電・通信両対応
■ 約3.8mmのスリムケーブル採用
■ 環境に優しいRoHS2指令対応

製品詳細

▽SCC-SF(USB Type-Cケーブル)のさらに詳しい情報はこちら

▽SCB-SF(micro USBケーブル)のさらに詳しい情報はこちら

プレスリリース

[ PDF:ニュースリリース ] 端末接続側コネクタ部分に発熱感知センサー搭載し、まさかの事故を未然に防ぐ「発熱感知センサー搭載ケーブルシリーズ」を新発売