独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.10.28ピックアップ

マウスのチャタリングとは?原因と解決策

マウス

パソコンをマウスで操作する際に、急に意図したように動かなくなった。カーソルが飛んでしまう。シングルクリックがダブルクリックになってしまう。こんな症状に悩まされたご経験はないでしょうか?

こうした不具合は、マウスの「チャタリング」と呼ばれる症状です。

多くのは方はチャタリングが起きてしまうとマウスの故障を疑い買い替えを検討されることかと思いますが、買い替える前に試してみて欲しいことがいくつあり、これらを試すことで買い替えをせずに済む場合があります。

[原因1] 電池が消耗している

無線タイプのマウス限定にはなりますが、乾電池や充電池が消耗している場合に、不具合がでる場合があります。新しい電池に取り換えるか電池を充電することで改善することがあります。

[原因2] 静電気が溜まっている

こちらも電池関係の原因になりますが、マウスは使用していると静電気が内部に蓄積していき、これが原因で不具合が出ることがあります。この場合は、一度電池を抜きぬいた状態でマウスのボタンを何度かクリックし続けることで、静電気を放電することができます。

[原因3] ゴミが溜まっている

マウスは使っていくうちにデスクやマウスパッドについたゴミを少しずつマウスの裏側に蓄積していきます。特にトラックボールなどのマウスにはゴミが溜まりやすい傾向にあるので、掃除をしてあげることで改善される場合があります。

[原因4] タッチパッドが誤動作を引き起こしている

マウス

ノートパソコンでマウスを使っている場合、チャタリングではなくタッチパッドに腕があたるなどして誤動作が起こっている場合もあります。タッチパッドがあたっていないか確認してみてください。

[原因5] 周辺機器が干渉している

パソコンにマウス以外の周辺機器を繋いでお使いの場合も可能性が考えられます。たくさん周辺機器を繋いでいる場合は、マウスのみにして試してみることで原因が分かるかもしれません。

[原因6] 故障している可能性も?

残念ながらマウス自体の故障という可能性もあります。ただし、メーカーによっては修理ができる場合もあるので、買い替えるのではなくまずは修理が可能かどうかをメーカーにお問い合わせいただくのも手かと思います。ちなみに、ミヨシのマウスですと6カ月間の保証期間を設けておりますので、この期間であれば修理等の対応をさせていただきますので、不具合が出た際はお気軽にサポート窓口までお問い合わせいただければと思います。

[番外編] デスクやマウスパッドを疑ってみる

実は、マウス自体に問題がないチャタリングではないケースもあります。マウスパッドを使っていない場合、ゴツゴツやザラザラした質感のあるデスクや、ガラステーブルなど反射をしてしまう場合にはうまくマウスが反応しないこともあります。別のデスクで試してみたり、マウスパッドを使ってみるといいかもしれません。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter