独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.10.07スタッフのおすすめ

重たいスーツケースや無くしてしまいがちな小物、迷子防止におすすめのアラーム


MBB-01

海外旅行でちょっと目を離した隙に荷物がなくなってしまった。
携帯電話や財布を置き忘れてしまって取りに戻らないといけなってしまった。
人が集まる場所でうっかり子供とはぐれてしまった。

このような経験をされたことはありませんか?
本日はそんな方に是非おすすめしたい、ミヨシの便利な旅行用品をご紹介します。


MBB-01

荷物が手元から離れたり、お子様が遠くに行ってしまった際にアラームと振動でお知らせをしてくれる「離れるとアラーム(MBB-01)」です。

大事な荷物に取り付けたり、お子様に身に着けておくことで、荷物やお子さんが一定以上の距離を離れると音と振動でお知らせしてくれるアラームです。物の紛失防止や迷子防止に役立ちます。


MBB-01

中身は、2つ。左が親機で右が子機になります。
親機はライターほどの大きさ。子機は500円玉ほどのサイズで、どちらも非常にコンパクトです。

親機と子機が離れ電波が途切れた時に、親機側が通知するというシンプルな仕組み。この商品では親機側がアラーム音やバイブレーション(振動)でお知らせをしてくれます。(子機には通知機能はありません。)


MBB-01

アラーム音が鳴るまでの距離は、側面のつまみスイッチで2段階から調整ができます。

ショートモードは約3~5m、ロングモードは約7~12mとなっているので、鍵やスマートフォンなどの小物はショートモード、迷子防止などにはロングモードを使うといった具合に、設定を調整いただければと思います。(距離は、室内の広さ、屋外周囲の建築物の有無で変化します)

また反対側の側面に付いたスイッチで、「アラームとバイブレーション」と「バイブレーション」の2種類のモードからどちらかを選択できるようになっています。

例えば、人混みや混雑する場所では音と振動のダブルで通知してくれる「アラームとバイブレーション」を選択し、通知に気づきやすく設定。図書館などの静かな環境では振動のみでお知らせする「バイブレーション」を選択し周辺に配慮しながら通知を受け取るなど、使用状況や目的に応じて設定を切り替えてご活用ください。


MBB-01

親機は単4形乾電池が2本で動作します。電池は別売りとなりますが、1日8時間の使用で1回につき警告が10秒間×6回作動して、約1カ月間お使いいただけます。


MBB-01

クリップホルダーも付いているので、ベルトループに引っ掛けたり、カバンに引っ掛けるなどすぐに分かるところに取り付けておけるのもいいところですね。


MBB-01

続いて子機。こちらはボタン電池1つで動作します。電池も付属していますが、こちらはあくまでお試し用の電池となりますので、早めに交換していただくことをおすすめします。

新しい電池の使用ですと、1日8時間の使用で、約2カ月間お使いいただけます。


MBB-01

子機の側面にはONとOFFのスイッチがあるので、ご使用いただく時はONに。使い終わったらOFFに切り替えてください。


MBB-01MBB-01

子機の電池は最初から付属していますが、交換には精密ドライバーが必要になります。


MBB-01

ドライバーさえあれば取り付けは簡単です。蓋を開けて電池を中に入れ、また蓋をしてネジを締めて下さい。


MBB-01

電池を入れると最初は赤と青の点滅を繰り返します。


MBB-01

青の点滅に切り替わったら設定完了です。

無くしたくない荷物や、お子さんのカバンなどに取り付けてご使用してみてください。荷物を無くしてから困ったり、お子さんが迷子になってから焦る前に、事前に対策をしておくといざという時に安心ですよ。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter