独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.09.04スタッフのおすすめ

これって高速充電できてる?USB Type-Cケーブルの電流や電圧を調べてみよう!

STE-03C

スマートフォンやタブレットを充電する際に、何気なくお使いのUSB充電器やケーブル。実は、この2つの製品は、どちらか片方が給電能力が遅いなど機能面で劣っている場合、組み合わせによっては給電される電力や電圧が期待したパフォーマンスを発揮できていないことがあります。高速充電がウリの充電器やケーブルを買ったにも関わらず、充電に時間がかかるという方は特に要注意です!

どのくらいの電力や電圧が流れているのかを調べる方法は、スマートフォンやタブレットを使っても調べることはできません。では、どうやって調べることができるのかというと「USBテスター」という商品がこの問題を解決してくれます。


STE-03C

ミヨシの「USB Type-C専用 USBテスター(STE-03C)」は、USB Type-Cコネクタに接続し、電圧や電流を計測できるUSBテスターで、スマートフォンやタブレット、ケーブルやUSB充電器、モバイルバッテリーなどのUSB Type-Cコネクタを搭載した機器の給電能力のチェックに最適な商品です。

USB Type-Cコネクタはスマートフォンをはじめ様々な機器に搭載されていますが、外見が同じコネクタであっても、バージョンや給電能力などの規格が存在します。

例えば、スマートフォンが大容量の充電に対応していても充電が遅い場合など、使用しているケーブルやUSB充電器の給電能力が低い場合があります。そこで、このUSBテスターを用いることで、機器の給電能力を確認することが可能です。


STE-03C

サイズは、USBメモリほどで、こちらはUSB Type-Cコネクタのメス。ケーブルを挿します。


STE-03C

USB Type-Cコネクタのオス。こちらは、USB Type-Cを搭載した機器に挿します。


STE-03C

それでは早速チェックしてみましょう!

今回、実験で使ったケーブルは「USB Type-C – Type-Cケーブル USB PD対応 / e Marker内蔵(UPD-2)」、充電器は「USB-ACアダプタ OAタップ付(MBP-AC01)」を使って行いました。


STE-03C

充電する機器は、USB Type-Cコネクタを搭載した「DJI osmo pocket」を充電してみます。接続するとすぐにテスト状況が白色のLED表示で数値が現れます。

数値は、左上が電圧(V)、右上が電流(A)、左下が積算電流(Ah)、右下の矢印が通電方向になります。

積算電流は、テスターを接続して計測を開始した時点から現在までの、電流値の合計を表示します。一定時間あたりの給電能力を調べたり、スマートフォンやモバイルバッテリーのバッテリー容量を調べることも可能です。

この組み合わせの場合、電圧が4.95V、電流が1.34A、積算電流が19mAhとなっていることが分かります


計測方法は、驚きの機器に接続するだけという手軽さ。難しい設定などは一切ありません。接続すればすぐに表示されるので、簡単に電力・電流を調べたいという方にはもってこいです。自分のケーブルや充電器の状況を確認したいという方はぜひお試しを!

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter