独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.08.08スタッフのおすすめ

光で充電残量が分かり、充電を自動ストップしてくれるUSBケーブル

SLE-C10、SLE-M10

ケーブル屋のミヨシが作る、ちょっとおもしろいケーブルシリーズ。

今回ご紹介するケーブルは、まるで血管から血液が流れるかのごとく、ケーブルの中を光が次から次へと流れていく、光が流れるケーブルです。

光るケーブルなんて珍しくなんてない!と思った方、ちょっとお待ちください。

このケーブル、ただ光るだけのケーブルじゃないんですよ。

なんと、充電に合わせて点滅し、充電残量によって点滅速度が変わるという優れもの。ただ光るだけじゃない機能的な光るケーブル、ちょっと興味が湧いてきましたでしょうか?それでは詳しく見ていきたいと思います。


SLE-C10、SLE-M10

ミヨシの光るケーブル「LED内蔵USBケーブル(SLE-C10)(SLE-M10)」は、充電・通信中の電気の流れが見えるUSBケーブルです。

ケーブルの種類は2タイプ。USB Type-cコネクタとUSB microBをご用意。どちらもブルーとグリーンの2色展開です。


SLE-C10、SLE-M10

左の緑がUSB Type-C、右のブルーがUSB microBで実際に見ていきたいと思います。

 SLE-C10、SLE-M10 SLE-C10、SLE-M10

光るケーブルは充電・通信中ではない時も、ご覧のような色が付いています。充電・通信を行うとこの色のついた部分が点滅します。

ケーブルは約1mの長さで、平べったく少し太めのタイプ。しっかりとしたケーブルなので強度はありますが、その分しなやかさはあまりないので配線などは少ししずらいように感じました。


SLE-C10、SLE-M10 SLE-C10、SLE-M10

USB Type-CとUSB microBコネクタ。どちらのタイプも2色展開なので、お持ちの機器に合わせて好きな色をお選びいただけます。


SLE-C10、SLE-M10

充電・通信したい機器に接続するとすぐにケーブルから光が流れだします。

充電中であることがひと目で分かるだけでなく、充電残量によってLEDの点滅速度が2段階で変わるので、点滅の速度を見ればあとどのくらいで充電が終わるのかを把握することができます。

また、充電が完了すると給電が自動的にストップするようになっているので、充電のしすぎで機器バッテリーへの負担を軽減することができます。

 SLE-C10、SLE-M10 

さらに、一般的なUSB充電器の定格出力電圧(5V)はもちろん、9Vや12Vの高速充電(クイックチャージ)にも対応しています。高速充電に対応したUSB充電器を併用していただくことで、より早く機器を充電することが可能になります。

光の流れるスピードや充電残量によって流れるスピードが変わる様子は、以下の動画をご覧ください。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter