独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.06.18スタッフのおすすめ

史上最高クラスの伝送性能を持ったカテゴリー7のLANケーブル


TWN-7

本日は、ミヨシの定番商品であるLANケーブルのご紹介です。

カテゴリー7 LANケーブル(TWN-7)は、配線しやすいやわらかケーブルを採用しており、超高速通信に対応したLANケーブルです。有線接続で、高速で通信したい、安定した速度を出したいといった方におすすめです。

それでは、細かい部分もご説明させていただきたいと思います。

  TWN-7

このLANケーブルは、内部にある4対の芯線にシールド加工を施した「STP(Shielded Twisted Pair)ケーブル」を採用しています。
これにより、並行して設置されたLANケーブルや、隣接する芯線からのノイズなど、周囲からのノイズの影響を最小限に抑えることができます。

また、カテゴリー5eの6倍、カテゴリー6の2.4倍である600MHzの伝送帯域に対応した、史上最高クラスの伝送性能となっています。この帯域が広いほど高速でのデータ転送が可能になりデータエラーを防止し、情報量が多い高速通信を行うネットワーク環境に最適です。

TWN-7

実用化が進んでいる次世代規格10GBASE-T(10Gbps)にも対応しているので、将来的なグレードアップにも安心して使用できる優れものです。


TWN-7

プラグには、サビに強く、接触抵抗の小さい「金メッキシールドプラグ」を採用することで、サビや酸化被膜の発生を防ぎます。

また、プラグのツメ折れを防止するコネクタカバーを付属しています。


TWN-7

コネクタの形状は、スリムコネクタを採用することで、コネクタ同士が接触しにくくなっているので、複数接続する際に便利です。


TWN-7

ケーブルの表示用ラベルが4枚付属しており、接続中の機器名を書いておくことができます。ルーターやハブ周りなど、複数のLANケーブルを接続している際に便利です。

  TWN-7

ケーブルの被膜には、やわらかくしなやかで絡みづらいTPE素材を使用しているので、一般的には引き回しのしにくいSTPケーブルにもかかわらず、配線作業を簡単に行うことができます。

安定した速度を出したいというこだわり有線接続派の方におすすめのLANケーブルです。最高クラスの伝送性能とノイズ耐性を備えたLANケーブルぜひお試しください!

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter