独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.06.17豆知識

STPケーブルとは?


TWN-7

ミヨシのLANケーブルには、STPケーブルと呼ばれる特別な加工が施されたケーブルがあります。このSTPとはいったいどういったケーブルのことを指すのでしょう。本日はSTPケーブルについて詳しく調べてみたいと思います。

STPケーブルとは?

STPケーブル

STPとは、Shielded Twisted Pairの略のことで、シールドツイストペアケーブルが正式な名称です。

上記の写真の黒いケーブルのように、内部の芯線が銀色の糸のようなもの(電磁遮蔽シールド)で覆われたものを指します。
逆に、白いケーブルのように芯線がむき出しになっているものをUTP(Unshielded Twisted Pair)ケーブルと呼び、STPケーブルはシールドを施したUTPケーブルとも言えます。

STPケーブルの特徴

電磁遮蔽シールド加工を施すことにより並行して設置されたLANケーブルや、隣接する芯線からのノイズなど、周囲からのノイズの影響を最小限に抑えることができます。一般家庭やオフィスなどではUTPケーブルでも問題ありませんが、ネットワークが混線していたり電磁ノイズが置く発生する環境では、このSTPケーブルがおすすめです。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter