独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.03.25スタッフのおすすめ

長いケーブルをネジネジしてすっきり束ねる可愛いチューブ!

CH-SPH

突然ですが皆様このケーブルをご存知でしょうか?
正式名称は「カールコード」といい、固定電話の本体と電話機を繋ぐためのケーブルで、固定電話を使ったことがある方なら一度は使ったことがあるかと思います。

本日はそんなカールコードのお話ではなく、その隣にカールコードそっくりなアイテムのご紹介です。
これはいったいなんでしょう?ぱっと見て分かる方はミヨシ通認定です。そして分からない方、ぜひこのまま読み進めてみてください。ケーブル屋のミヨシならではのアイテムです。


CH-SPH CH-SPH

ぐるぐると巻かれたこのチューブのようなものは、「シリコンスパイラル(CH-SPH)」と言い、ケーブルなどに巻き付けることで複数のケーブルをまとめて束ねておいたり、長いケーブルをすっきりと束ねることができるアイテムです。


CH-SPH

カラーは全部で6色。3つずつのセットになっています。
ほんとこれだけ見ると何をするものかさっぱり分からないですよね…。

CH-SPHCH-SPH

素材はシリコンなので、柔らかく自由に形を変えることができます。これならケーブルを痛める心配もなさそうです。


CH-SPH

使ってみないとイメージが沸かないと思いますので、さっそくケーブルに巻き付けてみましょう。先っぽをケーブルに引っ掛けそこからくるくるとケーブルに巻き付けていくと簡単にケーブルに巻き付いて離しません。とっても簡単。

CH-SPH

あっという間に巻き終わるとご覧のように長かったケーブルがひとまとめになりました。持ち運びの際にケーブルが絡まったり、使わない時に収納しておく際にもおすすめです。


CH-SPH

特に持ち運びの代表格イヤホンはケーブルが鞄の中ですぐに絡まってしまいます。
こんな風に束ねて持ち歩くと絡まる心配はありません。

CH-SPH

デスクの上などでスマートフォンを充電する際、ケーブルが長くて邪魔な時も有効です。このように不要な長さは束ねておけばデスクの上もすっきり。引っ掛けたりすることもありません。




さらにキーボードやマウスなどのケーブルも長くて邪魔になったことはないでしょうか?もちろん長くて便利な時もありますが、短くて十分な時はこんな風にまとめてしまうとケーブルが邪魔にならず効率アップ!です。

他にもLANケーブルやHDMIケーブルといった機器の裏側に配線するものをまとめておく際にも便利ですよ。


CH-SPH

一度巻き付いてしまえば滑りにくいシリコンががっしりとケーブルをキャッチ!簡単に外れる心配もありません。

    CH-SPH

ケーブルを簡単にまとめて束ねておけるスパイラルチューブ、いかがでしたでしょうか?
ケーブルがバラバラとして困る、長すぎて邪魔といったお悩みをお持ちの方はぜひ一度試してみてください。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter