独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2019.01.28スタッフのおすすめ

便利なUSB-C(USB Type-C)だけど、使えない場合は変換して使いたい!

USA-CDS2


Android製品やiPad、MacBookなどに搭載され始めたType-C(USB Type-C)コネクタ。

充電と通信のどちらも1本のケーブルでまかなえるだけでなく、裏表がなく差し間違えがすくない、さらに大容量の電力を送れると、なにかと便利なUSB-C。

しかし、難点はまだまだ対応している機器が少ないということと、コネクタが変わることでこれまで使っていたケーブルや機器を使うことができなくなってしまいます。

USB-C製品に変えたいけど、これまでのものが使えなくなるのも勿体ないなぁと、切り替えをためらわれている方もいらっしゃるかもしれません。そんな時にぴったりの変換プラグがミヨシからまもなく発売となります。

今日は、一足先にそんな便利な変換アダプタのご紹介です。これを使っていただくことで、今お持ちの製品を活用していただくことができます。ぜひお試しを!

   USA-CDS2

ミヨシのUSB-C変換アダプタは、HDMI・DisplayPort・D-Subに対応した3種類があります。約15gで手のひらに乗るコンパクトなサイズです。隣のポートを防がない片側ストレート設計になっています。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

USB-C → D-sub

USA-CDS2
USA-CDS2


こちらは、USB-CをD-subに変換するアダプタです。
モニターやプロジェクターに多く採用されているD-subなので、外出先などでのプレゼンに便利です。


USA-CDS2


実際に接続すると、D-subケーブルよりも一回り小さく、変換アダプタがいかにコンパクトかがお分かりいただけるかと思います。

USB-C → HDMI

USA-CHD2 USA-CHD2

そしてこちらが、USB-CをHDMIに変換するアダプタになります。
HDMIの特徴でもある音声出力にも対応しているので、映像だけでなく音声も楽しみたい。プレゼンで音も出したいといった方におすすめです。


USA-CHD2

HDMIと接続したイメージ。
スタイリッシュなHDMI端子とほぼ同じ幅で、見た目にもすっきりしています。

USB-C → DisplayPort

USA-CDP2USA-CDP2

最後にご紹介する変換プラグは、USB-CをDisplayPortに変換します。
4K60Hz出力に対応し4Kモニターでも快適にお使いいただくことができるので、DisplayPort搭載の液晶モニター等を繋ぐ際にご利用いただけます。

USB-Cに切り替えたい、切り替えるつもりはないけど、新しく買った端末がUSB-Cでこれまでの製品が使えなくなってしまったという方は、よかったら変換アダプタを試してみてくださいね。

こちらの製品は近日発売予定です。発売開始次第、改めてお知らせさせていただきます。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter