独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2018.11.28ピックアップ

スキャナでスキャンした画像とカメラで撮影した画像はどう違うの?

スキャナvsカメラ

ミヨシのヒット商品の一つでもある持ち運びができるモバイルタイプのスキャナ。スキャナは、重要な書類や大切な思い出の写真、たくさんの名刺の整理などにも便利な製品ですが、ハンディタイプの持ち運べるコンパクトなスキャナなら、外出先でもその場でお手軽にスキャンをすることができます。

一昔前では、書類などをデータとしてパソコンなどに取り込むにはスキャナが必須でした。しかし、今ではスマートフォンで誰でも高画質の写真が撮影できるようになり、書類やメモの記録にカメラを使って撮影をしておくという方も多いのではないでしょうか。

そもそもスキャナでスキャンしたデータと、デジタルカメラやスマートフォンで撮影したデータでは、具体的にどういった違いがあるかをご存知でしょうか?

どちらも同じ形式(JPGやPNG)で取り込めますし、スマートフォンのアプリを使えばPDFなどの形式で簡単に名刺を保存しておく便利なアプリもあります。スキャナもカメラもデータをデジタルデバイスに取り込むという意味では同じ役割です。じゃあ、わざわざスキャナを使う必要ってないんじゃないの?って思う方も多いかと思います。

実際、写真で撮影した方が便利な場合も多いのですが、いやいや、ちょっとお待ちを!スキャナはスキャナしかない機能や魅力がたっぷりなんです。今日は知られざるスキャナの魅力をご紹介させていただきます。

デジタルカメラでデータを取り込む場合

カメラを使うメリット

・手軽さ
普段の写真撮影と同じくお手軽に撮影するだけ。とにかく手軽です。

・機器の購入が必要ない場合が多い。
多くの方がお持ちのスマートフォンやタブレットでも撮影ができるので、機器をあらたに購入する必要がありません。

・取り込みが簡単
写真撮影は一瞬なので、スキャナのように取り込みに時間がかかることがありません。
また、ケーブルを接続するだけでパソコンに取り込めるだけでなく、Wi-FiやBluetoothなどの無線でデータを飛ばせたり、SDカードのメディアなどに直接保存することもできます。

・取り込む対象物の形状に左右されない
厚みがあるものでもカメラなら簡単に撮影してデータ化することができます。

カメラを使うデメリット

・鮮明に残したいものには向かない
既に印刷された写真などをデジタルデータ化する場合、カメラ撮影だとどうしても回りのものが映りこんでしまったり、それなりの環境を整えて撮影をする必要があります。

・編集できるデータとしては取り込めない
カメラ撮影はあくまで写真なので、取り込んだデータの文字やイラストなどを判別することができないため、取り込んだあとに編集することが容易ではありません。

スキャナでデータを取り込む場合

スキャナを使うメリット

・データをデータとして扱うことができる
印刷物をデータとして取り込むことができます。例えば、文字が書かれた書類であれば、OCRと呼ばれる文字認識機能を使えば、スキャナで取り込んだデータをWordなどのソフトで編集ができるテキストデータとして取り込むことができます。また、手書きのイラストを取り込んでパソコンで編集したい場合にもスキャナであれば可能です。

・鮮明に取り込むことができる
カメラの場合、手ぶれをしたり撮影環境(明るさなど)によって、撮影データのクオリティにどうしてもばらつきが出てしまいます。一方スキャナの場合は、扱う人によってばらつきがでることがないだけでなく、外出先でも同じ一定のクオリティでデータを取り込むことができます。

スキャナを使うデメリット

・少しめんどくさい
いつも持ち歩いているスマートフォンなどに比べるとわざわざスキャナを使う必要があります。

・あらたに購入する必要がある
既に持っているスマートフォンなどとは違い、あらたにスキャナを購入しなければいけません。

・立体的なものは読み取れない
スキャナは挟んで取り込みを行う性質上、どうしても対象物に高さがある場合は取り込みができません。

結論

スキャナとカメラの違いをご紹介させていただきましたが、スキャナを手掛けるメーカーとしては残念ながらメリットはカメラの方に軍配が上がってしまいます。

しかし、スキャナはカメラにはできない部分を補完していて、カメラでデータを取り込んでいたけどもっと綺麗に取り込みたいとか、文字などのデータを編集できるデータで取り込みたいといった、カメラにはできない痒い所に手が届く製品です。

おすすめスキャナ

最後は宣伝となってしまいますが、当社から新しいスキャナ2018年モデルが発売となっておりますので、ご紹介させていただきます。

UMSC-06

今年発売した新しい高解像度の2WAYスキャナ(UMSC-06)は、カメラでは補いきれない機能をふんだんに詰め込んだミヨシの自信作。

スキャナのメリットである文章をテキスト化できるOCR機能を搭載しているだけでなく、1200dpiの高解像度で写真も文字もしっかり鮮明に取り込みができます。

さらに、商品名に2WAYとあるように、このスキャナには2種類の使い方ができることがミソ。大量の紙資料をスキャンする場合は、紙を差し込むだけで自動で読み取ってくれる「シートフィードスキャナ」を、そして冊子などの手差しができないものや、外出先などでも使いたい場合には「ハンディスキャナ」を。しっかり鮮明に取り込みたい方と、手軽にどこでも使いたい方、どちらのニーズにも応えたカメラ撮影にも負けないスキャナです。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter