独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2018.07.27スタッフのおすすめ

充電・通信・ホスト!3役を1本でこなす最強のUSB microBケーブル

SMC-01H

ケーブルには、大きく分けて「充電」「通信」「ホスト」といった機能を持っています。
充電は電気を流して機器を充電するもので、通信は機器同士を繋ぎデータを送るなどの通信を行うものなので、大体の方が想像がつくかと思われます。

しかし、ホストと呼ばれる聞き慣れない言葉をご存知でしょうか。

このホストとは、これまでのUSB規格では、パソコンをホスト(親)とし、マウスやプリンタ、デジタルカメラなどのUSB周辺機器をクライアント(子)とすることで、ホストとなるパソコンを介して、クライアント(子)となる周辺機器を操作するので、必然的にパソコンが不可欠でした。このパソコンが、ホストと呼ばれる機能の役割を果たしていました。

しかし、スマートフォンやタブレットが普及し、パソコンをお持ちでない方も増えることで、マウスをスマートフォンに繋いで操作をしたい、USBドライブやメモリをスマートフォンに繋ぎたいといった需要が増えはじめ、スマートフォンやタブレットにホスト機能が求められるようになり、今では多くの機器でホスト機能を持ったものが発売されています。

そうした機器でホスト機能を使う際、対応したケーブルが必要なのですが、充電・通信といった一般的な機能に加え、ホストにまで対応した製品があります。つまり、1本のケーブルで3つの機能を備えた強力な商品です。

 SMC-01H

ミヨシのホスト機能対応のUSB microBケーブルは、ケーブルを本体に収納できるドッキング式。コンパクトにまとめることができて持ち運びに便利なだけでなく、フラットケーブルを採用していて扱いやすいことが特徴です。

SMC-01H

通常USB microBケーブルとして使う場合は、ご覧のように対応製品に挿しパソコンや充電器と繋ぐことで充電や通信が可能です。


SMC-01H

冒頭でもお伝えしたように、このケーブルの一番の特徴は、充電・通信として使うケーブル機能と、パソコン周辺機器を使うためにホスト機能があること。これらの機能を切り替えるのは、本体裏面のモード切替スイッチで簡単に行うことができます。


SMC-01H

本体部分の背面に、USB Aポートがあり、ホスト機能として使う場合は、ここにキーボードやマウス、カードリーダーなどを挿すことで、USB microBコネクタを備えたスマートフォンやタブレットで周辺機器を使うことができます。また、使わない場合は、本体のUSB Aコネクタをここに収納しておくことができます。


SMC-01H

収納した状態だとこのような輪っか状になり、さらにストラップホールが付いているので、ぶら下げて持ち歩いたり収納する際にも便利です。収納時はわりとしっかりとポートにはまるので、簡単に抜けなくなっています。(その分、少々抜く際に力がいりますのでご注意を)

 SMC-01H

パッケージはこちら。写真はブラック×オレンジですが、他にホワイト×グリーンもございます。汚れが気になる方にはブラックがおすすめですが、ホワイトも爽やかな色合いでおすすめです。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter