独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2018.06.26ピックアップ

ガラケーにもケースってありでしょ?

SAC-GC

スマートフォンが普及した今、もう懐かしい感じすらしてしまうガラケー。

使ってる方を見かける機会もすっかり少なくなってしまいましたが、操作が分かりやすく耐久性に優れたガラケーは、電話の多いビジネスマンの通話用携帯としてや、年配の方の間でまだまだ根強い人気です。機種代や月々の固定費も安く抑えられるので、ガラケー以外は考えられないという方も多いかもしれません。

しかし、使っている方が少ないことに加え、スマートフォンのように全面が画面ではないので、ガラケー自体を保護するようなケースはあまり発売されていません。スマートフォンはあれだけケースが販売されているにも関わらず、ガラケーはほとんど見かけません。そもそもスマートフォンのように、ケースに入れるという発想自体があまりないのかもしれません。

そんなまたしてもニッチな要望を叶えてくれる商品が、ミヨシから発売されています。

SAC-GC

それがこちらのガラケーケース。名前の通り、ガラケーを入れるためのガラケー専用ケースです。探された方、お待たせしました。これで今日からガラケーを落としても安心ですよ。しかも、本体や好みに合わせて選んでいただけるよう、2種類の素材をご用意しました。


SAC-GC

フラット調は、レザーケースのような高級感のある仕上がり。
少し光沢感があり、滑らかな触り心地です。


SAC-GC

もう一つは、シボ調。デコボコとした表面は独特な質感があり、長年使っていたような味わい深い雰囲気。
フラット調に比べて温かみがある印象です。

ただし、どちらの素材もポリウレタン(PUレザー)を使用しているため、経年変化によって味が出てくるということは残念ながらありません。


SAC-GC

サイズは、内寸が約W126×D21×H56mmで、このサイズに収まる携帯電話であればお使いいただけます。

 SAC-GC

内側もレザーのような印象。ビジネスシーンでも十分使える落ち着いた仕上がりです。

いかがでしたでしょうか?裏面にはベルトフックが付いているため、ベルトに取り付けて使っていただくこともできるので、単に保護するだけでなく実用性も兼ね備えたケースになっています。

探されたいた方、こんなのを待っていた!という方も多いガラケーケースです。ぜひ一度お試しください。

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter