独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2018.02.09スタッフのおすすめ

細かい作業に打ってつけのペン先が見やすい不思議な形のタッチペン

STP-12

社員が実際に使っておすすめしたい商品を紹介するコーナー、第18弾。
こんにちは。WEB販売課の担当Hです。

以前、最新のタッチペンをご紹介させていただきましたが、今回は少し前に発売されたものから一つご紹介させてください。これまでミヨシでは、16種類のタッチペンを発売してきましたが、その中でも形状が特に変わっている珍しいタイプのものが、このタッチペンになります。

こんなペン先、見たことない

STP-12

ミヨシのタッチペンシリーズ12番目の商品は、スタイリッシュなカラーと質感が目を引く、おしゃれなタッチペンです。

一見するとおしゃれなタッチペン、ただそれだけなのかと思いきや、よくよく見てみるとペン先がちょっと変わっています。

 

STP-12

一番の特徴は、細いペン先にクリア樹脂製でクロス型になったパーツが付いたペン先。見た目はもちろんのこと、これまでにはない新感覚のタッチペンです。

これまでタッチペンや指でのタッチ操作だとタッチする部分がかぶさって見えず、操作がしづらいということがありましたが、ペン先がクリアになっているので、タッチポイントがよく見え、繊細で細かなタッチ操作が可能となりました。

STP-12

クリア樹脂と本体を繋げる部分に、スプリングを設けることで斜めからの角度でも使えるようになっており、より一層ペン先が見やすいようになっています。また、ペン先が壊れてしまったり消耗してしまった場合は、ペン先だけを取り替えられるのもこのタッチペンの魅力です。

ただし、樹脂製のペン先は、タッチパネル(画面)に触れるとどちらも固いのでカチカチと音が鳴ってしまいます。力強く操作すると傷つける可能性があるのと、厚手の保護フィルムなどをタッチパネルに貼られている場合、操作ができない場合がありますのでご注意ください。

長さが変えられるフレキシブルさ

STP-12

キャップが付属で付いており、組み合わせを変えることで長さを変えたり、使わない時にペン先を収納しておいて持ち運びの際などにペン先が傷つかないように守ることができます。


STP-12

キャップを付けて、ペン先をしまった収納時。


STP-12

長さを短くして使う場合。
短くすることでより細かい箇所などを操作することができます。

どこにでも違和感なく持っていける

STP-12

ミヨシのガジェットケースとの相性も抜群です。


STP-12

落ち着いたカラーリングは、あらゆるカバンにもマッチします。

ただし、横に写る一般的なペンのように、ひっかけるためのクリップは付いていないのでご注意ください。

STP-12

ペン本体は少しざらつきと風合いのある質感で、滑りにくくなっています。

写真ではブラックとピンクの2色だけの紹介となりましたが、全部で4色(ゴールドとブルー)あります。

ゲームをよくする方やイラストを書かれる方に特におすすめのタッチペンです。現在は後継品が発売されデザインもチェンジ。このスタイリッシュなデザインは在庫限りとなります。気になる方はお早めにチェックをお願いします!

 

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter