独自の企画を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2018.02.06スタッフのおすすめ

国内・海外旅行に持っていきたくなる!ホテルでお湯を沸かすのに便利な折りたたみケトル

MBE-TK02

社員が実際に使っておすすめしたい商品を紹介するコーナー、第17弾。
こんにちは。WEB販売課の担当Hです。

本日ご紹介させていただく商品は、ミヨシの旅行用品シリーズの「旅人専科」の人気商品を一つ。発売してから2年たった今でも根強い人気です。(ありがとうございます!)

海外旅行に行くと、宿泊先のホテルでお茶やコーヒーを飲んだり、カップラーメンを食べたり、赤ちゃんのミルクを作ったりすることってありますよね。水道水もそのまま飲むより一度沸かしてから飲みたい人もいますよね。でも、ホテルに必ずお湯を沸かすケトルが備え付けられているとも限らないですし、備え付けのものだと抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。

そうは言っても、ケトルを海外まで持っていくのは荷物になって大変。そう思いますよね。

でも、スーツケースにちょっと入れておいて、どこにでも気軽に持っていけるケトル、ありますよ。ミヨシには。
それが、このシリコンケトル。

MBE-TK02

ミヨシのケトルは、シリコン製で重さは540gと一般的なケトルに比べると軽め。片手でもらくらく持てます。とは言っても、大きさがこのサイズだと結局スーツケースなどの場所を取っちゃいますよね。

容量は、500mlなのでコーヒーなら2~3杯分、カップ麺も2つ分くらい沸かせるので、一般的なケトルに比べると小ぶりではあるものの、決して小さいものではありませんし。

ケトルが畳める!?

MBE-TK02

では、なぜこのケトルが旅行におすすめなのかと言うと、実はシリコン部分がこんな風に潰して折りたためるんです。折りたたんでしまうと、たたむ前に比べて約2/3のサイズになります。

残念ながら取っ手の部分とケーブルは取り外せないため(取っ手は角度も変えられません)、ちょっと邪魔にはなりますが、それでも折りたためるだけで随分違います。



スーツケースと比べるとこのくらいのサイズになるので、端っこの方にちょっと入れておくと旅行先で便利に活躍してくれるはずです。

旅行の後もバッチリ

MBE-TK02

電圧切替式(手動)なので、海外だけでなく日本国内でも使えます。
旅行から帰ってきた後も引き続き使えますし、普段の生活からこれを使用してそのまま旅行へ持って行くという使い方もできます。いつも使ってるものが向こうでも使えるのは安心ですよね。

沸騰時間も問題なし!

MBE-TK02

ケトルで気になるポイントとして、沸騰するまでの時間を気にされる方も多いかと思います。

このケトルには、大きなヒートパネルが備えており、素早く沸騰することができます。
使用地域の電圧や水温、気温といった使用環境によって大きく前後する可能性はありますが、200mlなら約2分半、500mlなら約4分で沸騰します。3分でできるカップラーメンなら、沸騰する時間と入れた後の時間を合わせても、6分で食べられますね!

また、温度が冷めてくると自動で再沸騰するという「保温機能」が付いています。

なにげに便利なプッシュ!ボタン

MBE-TK02

ケトルの蓋は、持ち手にあるボタンを押すことで開きます。
ワンプッシュで開けることができるので、片手が塞がっていても使えるのはとてもいいですね。

色は、写真のブルーの他に、ホワイトがあります。シリコンなのですぐに洗えますので汚れが気になるホワイトもおすすめです!

 

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる点や感想をどしどしお寄せください!
株式会社ミヨシ twitter